『別れ』を受け入れる方法        

日常のつぶやき

皆さん、こんにちは♪

私事ですが、
昨日、10年間共に走ってきた愛車とお別れをし、
新たな車を相棒として迎え入れました。

10年という年月はあまりに長く、
自分のお金で買った初めての車でもあったので、
当然のことながら愛着もかなりありました。

手放すことが決まってからは、
なんとも寂しさを覚えたものです。


でも、愛車との別れの日まで
自分なりに後悔のない過ごし方をしてきたお陰で、
上手にお別れが出来たような気がしています。

今日は、私なりに考えた
『別れを受け入れる方法』について綴ってみたいと思います。
人生の中で、人とも物とも別れは付き物ですから、
何かの参考になれば幸いです。

後悔しないために絶対にやるべきこと

あなたは、後悔しない別れのための方法を
挙げるとしたら、どんなことを
思い浮かべますか?


別れの時にどんな言葉を伝えるか?

それとも、別れを引きずったり、
感傷的にならないために、
次の出会いや新たなものに目を向けますか?


私の場合は、
別れの日まで存分に愛情を注ぎ続けます


大事なのは、別れるその日だけではなく、
むしろその日までどんな付き合い方を
してきたかだと思うからです。


愛車にも同じことが当てはまります。
私は、車が特別趣味というわけではありませんが、

仕事に行く時には運転しながら歌ったり、
嫌なことがあった時には車に話し掛けながら
自分の頭の中を整理したり(え?ちょっと怖い!?w)、
嬉しいことがあった時には、また歌ってみたり、

車を運転している時には、まるで
相棒に話し掛けているかのように、歌ったり、
話し掛けたりするのが常でした。


そんな相棒との別れの日が近づくにつれて、
私は毎日運転しながら話し掛けました。

「こんな所も、あんな所も、連れて行ってくれたね。
北海道から関東に移り住むために、海も一緒に渡って
ここまできたよね。ありがとね。」って。


そしてとうとう車との思い出を描いた曲まで
作りました(≧▽≦)♬

え!??どんな曲か気になりますか?ww

じゃあ、良かったらちょこっとお聴きください!

車の曲~『愛車と走った道』
YouTubeのサイトで直接聞かれる方は、こちらから!

愛車との別れに、
曲を作る人はあまりいないかもしれませんがw、
私はこうして少しずつ、気持ちの整理をしていたのかも
しれません。

後悔がないくらいに、愛車との日々を
楽しんで、大事にすることができたこと
が、

次の車を迎え入れる準備に繋がったようにも
思います。

車を持たない人にとっては、どうでもいい話に
なってしまったかもしれませんので(^^;)、
この後は「人との別れ方」について述べます!

きっとまた会える

私の人生の中で、
記憶に残る別れがいくつかあります。

私は涙もろい方なので、卒業式や転校する友達
との別れでは、号泣しながら
お別れすることも多かったのですが、

大人になるにつれて、わかってきたことがあり、
涙を流さずにお別れできるようにもなってきました。


わかってきたことというのは、
『命』と会いたいという『気持ち』さえあれば、
きっとまた会える
ということです。


札幌で生まれ育ち、仕事もずっと札幌市の教員だった
私にとって、教員を退職して関東に移り住む時には、
多くの人たちとの別れがありました。

自分を育ててくれた人たち、
自分を支えてくれた人たち、愛してくれた人たち、
毎日当たり前に話して、一緒に生活していた人たち。

そんな人々の元を離れることを決意した時、
私は別れの日までを逆算して、大事な人たちと
会う時間を確保できるように考えて行動しました。

そして会うたびに
自分がどれほど感謝しているのか
そしてこれからも、ずっと繋がっていたいという
気持ちを伝えました。

だから、お別れの日も、
札幌を発つ日も、寂しさは思ったよりなかったのです。

きっとまた会えるという確信があったからですね。

突然の別れに泣いてくれた教え子たちも、
そんな私の言葉を受け入れてくれて、
連絡先を交換したので、今でも繋がっています(*^-^*)

辛い別れを受け入れるために

人との別れには、もう二度と会うことができない場合や
傷つけられて、苦しい思いをする場合もあります。

辛い別れを経験した時、自分自身の気持ちが別れを
受け入れるまでには時間が掛かる
ものだと思います。


心の整理ができたと思っても、
何かの拍子に思い出してしまって、
心のバランスが崩れたり、

自分では立ち直ったと思っていても、
実は心の深い所で傷になっていて、
何年も何十年も苦しんでおられる方も
いると思います。


私自身も辛い別れをしたことがあり、
もう何年も経っているから大丈夫♪と思っていたら、
思わぬ所で後遺症として、今の自分に影響を
与えていたことに気づかされたこともあります。


辛い思いをされたあなたに
「これなら回復しますよ」という特効薬のような
方法をご提案することはできませんが、

一つだけ私にできることがあるとしたら、私自身が
実践している音楽で気持ちを浄化させる方法です。


私は辛いことがあると、昔からピアノに向かって、
即興で作曲しながら弾いて、心の中の辛い気持ちを
音楽で浄化させるようなことをしてきました。

気持ちが落ち着くまでは、1曲では済まないことも
もちろんありましたが、

歌詞のない曲をひたすら自分で作って弾くことで、
言葉にできないモヤモヤする気持ちや悲しみが
少しずつ癒されていく感覚がありました。


あなたの心の中にある辛さを
お聞きすることができたら、

私の方で優しい音に置き換えることで、
少しずつ気持ちを和らげることができるかもしれません。


もしもあなたが今、辛い毎日を過ごされているとしたら、
試しにやってみませんか?

もう何年も前のことだから気にはしていないけれど、
時々疼く胸の傷に心当たりがあったら、
勇気を出して、浄化させてみませんか?

詳細は、下記の各コース説明のページより、
Eコースをお読みください。




自分の人生の主人公は、あなた自身であり、
出逢いも別れも、出逢い方も付き合い方も別れ方も、
自分の選択で行うものです。

その選択肢の中に、私にお手伝いができることがあったら、
喜んでさせて頂きます。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました(*^^*)

人気ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました