退職祝いに特別なプレゼントを…!        

新曲紹介

皆さんこんにちは♪
今日は、退職祝いとしての
ギフトの実践例を
ご紹介したいと思います。

今回ご紹介する歌は、
長年勤めた会社をいよいよ
退職することになった父に向けて、
私たち3人の娘達、
そしてそれぞれの旦那さんを
巻き込んでの家族全員からの
プレゼントです。

それぞれが巣立ち、父の近くで
生活している妹夫婦を除き、
普段遠くで離れて暮らしている
私たち家族。

退職当日に駆けつけられない
家族が殆どであることから、
全員でビデオレターのような
VTRを作れたら…という構想が
私の中にありました。

そこで、ビデオレターとして
メッセージを話す代わりに、

それぞれの父への
想いや伝えたいメッセージを
全員に書き出してもらい、
それらを私の方で
歌詞にまとめたものを
歌にすること、

その歌を各家庭で
リレー方式に歌い繋げる形で
VTRにまとめる形を提案した所、
全員が合意してくれ、
退職日の約3か月前に
プロジェクトが動き出しました。

*******************
それぞれに書き出してもらった
内容としては、
①私たちの父親像(どんな父か)
②父の愛らしい所、笑えるエピソード
③父の尊敬できる所 
④退職する父へのメッセージ
です。

冗談好きの父には、
あまり真面目過ぎる歌詞も
どうかな…と思ったので、
笑えるエピソードというのも
入れたのですが、

それぞれの視点が
なかなか面白く、お互いに書いたものを
見せ合うのも楽しい時間でした。

歌詞の原案となる言葉は、
義理の息子である男性陣も
協力してくれたのですが、

集まった言葉の一つ一つに
父への愛情が感じられ、
娘として嬉しく、有難いこと
でした。

歌の終盤には、やはり父を
長年支えて来た母からの
言葉無しには終われないね
ということから、

途中から母にも協力を仰ぎ、
後半から最後にかけては、
妻から夫への
言葉で締めくくる形となっています。

「この言葉から本当に
歌詞にできる…?」
と、みんな不安そうに
送ってきましたが、

7人の言葉を歌詞にまとめるのは、
思いの他スムーズに進み、
全員から言葉を集めてから
1週間程で完成しました。

******************
今回は歌う協力もしてもらうために、
歌詞完成から曲の完成までは
時間を掛けずに、一気に書き上げました。

お陰で、かなり早い段階から
歌の練習にそれぞれが取り組んでくれたので、
動画撮影や編集にも時間を掛けて
完成することができました。

公開用の動画では、実際に渡した物
とは異なる、フリー素材の画像を
利用した映像のため、

ここでは工夫した点や、
どのように作成していったのかを
文字でご紹介しますね♪

******************
1番では、思い出の家族写真を
中心に、歌詞に合わせてスライド式に
写真を流し、私の歌を流しました。

2番からは、各家庭で歌っている動画を
リレー方式に繋げていき、
最後に母が登場する形で、
クライマックスを作りました。

間奏部分には、本当は
父のお気に入りの歌をアレンジして
入れることを考えていたのですが、
意外と好きな曲がないらしく…

結果、父とお風呂に入っている写真を
スライドで流しながら、
子どもの頃、お風呂で父が
よく歌ってくれていた2つの曲を
アレンジして
メドレーで挿入しました( *´艸`)

撮影時の工夫した点としては、
両親がお土産に買ってきてくれた
エジプトのTシャツがあったので、
全員がそれを着てチーム感を出したこと、

父のトレードマークでもある、
七三分けの髪形を男性陣
(3歳の孫も含め)
全員が真似したこと、

父になりきって、私たちの父親像を
再現してくれた旦那さんがいたこと
でしょうか。

映像の最後には、
映画風にエンドロールもつけて、
今回の歌作りが全員で為されたことや
様々な細工に気づいてもらえるように(笑)、
衣装協力やメイクの記載もしました。

それぞれのユニークなアイディアが
詰まった、笑いあり、涙ありの
プレゼントとなり、

私たちにとっても、この作品を
作っていく中で、
忘れられない大切な時間を
過ごした気がします。

質実剛健な父へ贈る歌
YouTubeのサイトで見る方は、こちらをクリックしてください。



********************
退職日直前に、父が東京に挨拶回りで
急遽来ることが決まったため、
思いがけず、このDVDは我が家で
妹家族も一緒に父と見ることが出来ました。

もちろん、こっそりテレビ電話で
札幌にいる母と妹夫婦とも中継を
繋いで、父の様子はお届けしました(*^^)v

照れ臭そうに、ぼそぼそと
コメントしながら見ていた父ですが、
最後のエンドロールを見ながら
涙を拭っていた父の姿は、
忘れません。

「特別なプレゼント」とは何か、
私自身が改めて考えさせられる機会
となった今回の企画。

この経験を、またお客様に
還元できる日を楽しみに、これからも
頑張ります♪

ぜひ、皆様のご利用をお待ちしております!

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました(*^^*)



コメント

タイトルとURLをコピーしました