幸運が舞い込む『〇〇日記』        

日常のつぶやき

皆さん、こんにちは♪
今年度が始まり、半月以上が
経ちました。

春になると、新鮮な気持ちになって、
新たに何か始めたいなと思ったり、

「今年こそ、これを頑張るぞ!」
とエンジンをかけ直したり
したくなりませんか?


私はこの4月から、
新たに始めたことが一つあります。

そのお陰か、不思議なくらい
嬉しいことが毎日舞い込むように
なったので、

今日はその方法について
ご紹介したいと思います!

私が始めた『ありがとう日記』

私が新たに実践しているのは、
ズバリ!!!

『ありがとう日記』というものを
毎日つける
ことです。

ある方がSNSで紹介されていたのが
素敵だったので、
マネして始めてみたのです(o^^o)


やることはシンプルで、
毎日寝る前に、その日あったことを
思い出しながら、

感謝したいこと、
ありがとうを伝えたいことを
箇条書きに書き連ねていくだけ(*‘∀‘)


やることは単純なことですが、
やってみて1週間経たないうちに
変化が起こり始めました(((o(*゚▽゚*)o)))


初めのうちは、
「どんな些細なことでも、
ありがとうのメモを残そう」
という気持ちで、

今までなら見逃してしまいそうな
小さなことにも、感謝の言葉を
書いていたのですが、

日を追うごとに、不思議なくらい
嬉しいことが増えて
きて、
「絶対にこれは書き残さなきゃ!」
と思うような、

大きな喜びや感謝でいっぱいに
なるような出来事が
どんどん増えていったのです。


例えば、私がボイストレーナーをしている
生徒さんがオーディションに受かったという
嬉しい報告を聞いたり、

私の作った曲を、提供予定の方に
喜んでもらっただけでなく、新たな提案を
頂いてワクワクが倍増したり・・・♫


さらに数日後には
嬉し涙を流す程の、大きな喜びに
包まれるような出来事が連日起こり、

「ありがとう」という言葉のもつ
力を改めて感じることに
なりました。

ツキを呼び込む魔法の2つの言葉

そういえば何年か前に、ある書物で
こんな文章を読んだことがあります。


「『ツイてる』『ツイてない』という
『ツキ』というものは、簡単に手に入れられる。

2つの魔法の言葉を唱えていれば、
ツキっ放しの人生になる
と。


その2つの魔法の言葉とは、


一つ目の言葉は『ありがとう』


二つ目の言葉は『感謝します』



「ありがとう」という
魔法の言葉の凄さを
日記を書いて再認識した私は、

その書物を引っ張り出して
再度読み返してみました。


すると、また読んでいるうちに
不思議なことが起こったのです。

2つの魔法の言葉を使い分ける方法

『ありがとう日記』なるものをつけてから
ずっと好調な日々を送っていたのですが、

少し前に、気持ちが落ち込む出来事が
あった私。。。


何とか前向きに考えようとしても、
気持ちの立て直しがうまくいかず、
珍しく悶々とした日々を送っていました(^-^;


そんな時に、この書物を読んだのですが、
そこにはこんなことが書いてありました。


「2つの魔法の言葉は、どんな時でも自由に
使える言葉だけど。


ある状況の時に、
これらの言葉を使い分けたら
効果的かもね。

『ありがとう』という言葉は、
何か嫌なことがあった時に

使ったらどうかな。

~中略~


何か良いことがあったら、
『感謝します』
と言ってみてはどうかな。」



悶々とした気持ちだった私は、
ここに書かれていたことを
すっかり忘れていて、

自分の中にある嫌な気持ちを
紙に書いたり、話をして
吐き出そうとしていました。


でも、なかなか気持ちが晴れず、
それどころか、吐き出すと
返ってその感情が思い出されてしまって
いいことがなかったんです。


でも、「ありがとう」と
心の中で言ってみたら、
スッとその感情が消えたのです。

嫌なことが起こると、
嫌なことばかり考えてしまって、

そこからさらに嫌なことが起こって…
と不幸の連鎖を呼んでしまうものなんですね。


その負の連鎖を止めてくれるのが、
この『有難う』(=難が有るとき)

という言葉なんだそうです。



この数日の辛いと思っていた感情は
何だったんだろう?
と思うくらい、

今は気持ちが軽くなって、
また日記に感謝の気持ちが心から
沢山書けそうです✌


この春、「ありがとう」の言葉を
沢山使えるようになった私は、

この言葉に支えられ、
この言葉と一緒に、
色々な人との関わりがより一層
深まってきたように思います。


ちょっとクサイようですがw、
ありがとうの種を蒔くと、
沢山の芽が出て、
新たなありがとうの花が
咲いていく感覚ですかね!??


この習慣を続けながら、
これからの自分の変化を
さらに楽しみたいと思います!


今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました(*^^*)


参考元:「ツキを呼ぶ魔法の言葉」(五日市 剛 著)


人気ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援よろしくお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました