人を巻き込むことのできる「音楽の力」        

音楽をプレゼントする場面

私は幼い頃から“音楽”を媒体に、
人と人の「力」を合わせて、
「心」を繋ぐ作業を好んで
やっていたように思います。

音楽というものが
一人でやっても楽しめるけれど、
人を巻き込んでやると
特別な「力」が生まれるということを
子どもながらに
理解していたからかもしれません(*ノωノ)

私の記憶に残る、初めて企画した
音楽巻き込みイベントは、
両親の結婚記念日のお祝いでした。

両親を喜ばせるために音楽のプレゼントを
したいと考えたのですが、

ピアノを習っていた私が
クリスマスやお誕生日の時に
ピアノを弾くのはお決まりの風景でした。

私が演奏をするいつもの流れでは、
特別なプレゼントにはならない…
と悩んだ結果、
まだピアノを弾くことや
歌うことがままならない妹たちも巻き込んで
合奏することを思いついたのです。

できて当たり前の私だけで演奏するより、
今まであまり得意ではなかったり、
やったことすらなかった幼い妹ができたら、
両親は驚くだろうか…というのが
幼い頃の私の企みでした( *´艸`)

3つ年下の妹は歌が歌えたので、
歌を担当、
6つ年下の妹は、まだ1~2歳くらい
だったので、タンバリンか何かの
楽器を持たせて、
音楽に合わせて自由に音を鳴らして
もらうことにしました。

こうして、2人の協力を得て、
私のピアノ演奏に合わせた3人の
合奏が本番に奏でられました♪

結果、両親は大喜び!!
昔のホームビデオを見ると、
決してレベルが高い演奏とは
言えませんが(笑)

例え上手じゃなかったとしても、
本番に向けて準備してきたり、
こっそり練習をしてきたり、
両親のことを思って企画を考えたこと自体に、
2人は喜んでくれていたのだと
思います。

音楽のプレゼントは、
上手い下手だけで図れるものではなく、
気持ちが込もったものにできるかどうか―
だと思うのです。

「心」を感じる音楽は、
言葉を上回るほどの力があり、

それを複数人で行った時に起こる
一種の化学反応は、
ソロの演奏とはまた異なる
不思議な「力」が宿るように
私は感じます。

最近では、コロナウィルスに
立ち向かうためにと、様々な
アーティストの方々が共演した
リモート演奏を見ることが
できますが、

まさに、それらの演奏から
私も沢山の力を戴いています。

音楽に限ったことではないと思いますが、
集団の「力」は、
やはり大きいものですね。

今、私はひそかに次なる
音楽巻き込みイベントを実行中です♪
時期が来たら、ブログでもその内容を
ご紹介できたらと思っていますので、
どうぞお楽しみに(*^^)v

皆さんも、誰かを巻き込んで
音楽のプレゼントをしてみてはいかがですか♪

こんな時だからこそ、
あなたが考え、準備した音楽のプレゼントは
大切なあの人の心を元気づけることが
できるのではないでしょうか。

お役に立てることがあれば、
いつでもご相談くださいね!

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました(*^^*)

ブログに関するご感想や、サービスに関する
お問い合わせもお待ちしております♪

人気ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました