今、全ての医療従事者の方々へ伝えたい想い        

新曲紹介

先日、歯磨きの後にデンタルフロスを使っていた時のこと…

カラーン・・・
「は!!!銀歯が取れた(;・∀・)」

というわけで、こんな時期に歯医者さんに
行かなくてはならなくなり、行ってきました。

近所の歯医者さんを調べたところ、
駅前にある歯医者さんが口コミも
良さそうだったので、早速お電話しました。

予約をお願いする前に、どうしても
新型コロナの感染リスクへの不安が拭えなかった私は
大変不躾ながら、病院でコロナ対策をされているかどうか
を伺いました。

スタッフは全員マスクとゴーグルを付けて、
感染対策をしており、待合室での患者さん同士の
接触も極力無くせるように、予約人数を絞っているとのこと。

その説明を聞いて、安心して予約をお願いし、
歯医者さんに向かった私ですが、
治療してくださる先生の姿を見て、
私はハッとしました・・・。

どんなゴーグル姿かと思いきや、
治療してくださるスタッフの皆さんが
コロナ対策で使われている
フェイスシールドを装着されていたのです。

その時ようやく私は気づきました。
私は、マスクをつけられない歯医者で治療を受けるということに対して
自分自身に感染のリスクがあるのではと
不安を抱いていたけれど、
実際にそのリスクがあるのは
治療に当たられる先生方の方だということを…。

連日の報道を見ながら、
コロナウィルスと対峙する
医療現場の方々には頭が下がると
つくづく感じていましたが、

感染のリスクを背負いながら闘っていらっしゃったのは、
コロナの専門医や専門家だけでなく、
歯医者さんを含めた全ての医療従事者の方々も
同様であるということに
気づかされた瞬間でした。

口の中を治療するという行為に、
どれほど多くのリスクがあるかを知っていながら
治療にあたられる先生方に対して、
心から感謝の思いが溢れてきました。

帰宅後、改めて医療従事者の方々に
感謝の気持ちとエールを伝えたいという思いが
沸々と湧いてきた私は、ピアノに向かって
その思いを曲にしました。

知り合いにいる医療従事者の方々の顔を思い浮かべ、
今回私の治療に当たってくださった先生方の顔を
思い出しながら、
感謝の気持ちと、エールと、そして
その方々の無事を祈って弾きました。

目に見えない敵。
倒し方がまだ見つかっていない敵。
感染者がどんどん増えていく中、
過酷な労働条件の下でそんな敵と闘い続ける
医療従事者の方々は、

本当に凄いです!!!
私たちの命を守ってくださって、
本当にありがとうございます。

そんな気持ちで作った曲を、
1人でも多くの方に聞いて頂けたら嬉しいです。
1人でも心が安らぐ方がいたら、
さらに嬉しいです。

もし、このブログから曲を聞いてくださった方が、
少しでもいいなと思ったら、
この曲を広めて頂ければ幸いです。

自分に今できることをやりながら、
みんなで一緒にこの危機を乗り越えましょう!!

「感謝とエールを」~コロナに立ち向かう医療従事者の方々へ【改訂版】
YouTubeのサイトで聞く場合は、こちらをクリックしてください。


今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました(*^^*)

ブログに関するご感想や、サービスに関する
お問い合わせもお待ちしております♪

人気ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました