感動!老人ホーム職員が贈るクリスマス会の出し物        

歌が出来る過程

皆さん、こんにちは♪
クリスマスも終わり、今年ももうすぐ
終わりが近いですね。


今年は素敵なクリスマス会に
ご招待いただき、涙あり笑いありの
心温まる時間を過ごさせていただきました。


秋頃から一緒に
ギフトソング作りをさせて頂いてきた
【木下の介護・リアンレーヴふじみ野】様の
クリスマス会です☆


今日は、こちらのお客様と作った
ギフトソングが出来るまでの道のりと、

その歌を実際に受け取られた
ご入居者の皆さんの様子
ご紹介させて頂きたいと思います♪

病院・施設で暮らす方々に、私ができることを探して

こちらのお客様と出会ったのは、GWの頃。

緊急事態宣言下で、私自身も病院にいる祖母との
対面がなかなか叶わない中、

祖母が好きだった曲をピアノで録音したり、

家族で歌を作って贈るなど、

祖母と繋がる方法を模索していた頃です。


きっと、私たちと同じように、
施設や病院に入られている家族と会えずに
寂しい思いや歯がゆい思いをされている方が
いるだろうと思い、

そんな方々にギフトソングを通して
お役に立てたらとチラシを作ったり、
宣伝をしていた中で、

木下の介護の施設長さんに興味を持って
頂くことができたのが、始まりでした。

長く歌い継ぐために

初回のお打ち合わせは、オンライン通話で
レクリエーション担当の皆さんと
お顔を見ながら実施させて頂きました。

こちらの施設では、レクリエーションや行事を
大切にされていて、お写真が
沢山あるにもかからわらず、


「なかなか入居者の方にお見せする機会がなくて…」

ということから、


それらのお写真を使って、スライドショーで流し、

職員の皆さんの思いを歌詞にのせた『歌』
をつけて見ていただこう!!

ということで決まりました(*^^)v
(プランとしては、【寄せ書きソング】プラン♬)


職員の皆さんの和気あいあいとした
雰囲気の中で、様々なアイディアを伺えて、
とても嬉しいものでした。

『せっかくみんなで歌を作るからには、

長く歌っていきたい!だからピアノ伴奏の楽譜も

つけて、自分たちだけで演奏できるようにしたいね!』



このような嬉しい言葉も頂くことができ、
皆さんの強いチームワークと
温かい雰囲気を感じた時間となりました。

私たちの大切な‟家族”へ

今回、職員の皆さんの言葉や思いを
歌詞に入れるため、ヒアリングシートを
こちらで作成し、全員の方にご協力いただきました。

送られてきた内容を読み、
胸がどんどん温かくなるのを感じました。


そこには、職員の方と入居者の方との

深いつながりと、

愛情
が感じられたからです。


中でも印象深かったのは、

『第2の我が家のような場所にしたい』

『第2の家族として日々接している』


といった言葉でした。


それらの言葉を軸に、歌詞を作り、
完成した楽曲が

『私たちの大切な‟家族”へ』です。


許可を頂いて、職員の皆さんの歌声で
ご紹介させて頂きます。

涙なしには聴けません(´;ω;`)

ぜひ、ハンカチのご準備を…!

老人ホーム|職員が歌う《感動のクリスマス会出し物》(木下の介護・リアンレーヴふじみ野様より)
YouTubeのサイトで見られる方は、こちらから!

オリジナルソング+写真=感動ドキュメンタリー

いかがだったでしょうか?


これが、全職員で言葉を紡ぎ

歌の練習をして収録された皆さんのギフトソングです。


歌が得意な方も、
普段は歌わないという方も


全員で歌ってくださいました


こうしてギフトソングが完成し、
送って頂いたお写真と歌詞の内容を合わせながら

スライドショーを作らせて頂きました。


実際のお写真はここではご紹介できませんが、
本当に、皆さん良い笑顔だったり、
職員の方との楽しそうな写真がたくさんあって、

歌と合わせて聴くと、よりストーリーが
浮かびあがる
のです。


何度泣きながら編集したことか( ;∀;)


こんなに愛情いっぱい接してもらえる
職員さんと過ごせる入居者の方は、
本当に幸せだなと思いながら、

多くのことを学ばせて頂きました。

想いが相手に伝わった時

普段、お客様に完成したギフトソングを
お送りした後、アンケートなどから
贈ったお相手の反応を知ることはできても、

その瞬間に立ち会うことはできません


ですが、大変有難いことに、
今回、施設長さんからお誘いいただき、

スライドショーが入居者の方に贈られる
クリスマス会当日に、参加させて頂くことが
できたのです!!!


スライドショーが流れるのは、
音楽隊の皆さんと入居者の皆さんで歌を歌われた後

一番最後の演目です。


ドキドキしながら、後ろから
皆さんの様子を見守りました。


始まってすぐに、鼻をすすりながら
後ろに下がる職員の方
を見つけました。

その後も、入居者の方の手を握りながら
涙を拭う職員の方々が大勢いらっしゃいました。


そして、ご入居者の方々の中にも、
涙を拭っていらっしゃる方々


笑顔でじっと見入っていらっしゃる方々
大勢いらして、


最後大きな拍手と共に動画が終わった時、


職員の皆さんの思いが、確実に伝わったことを
感じることができました。

今日という日が忘れられない‟特別な日”になりますように

スライドショーが終わった後、
今回ギフトソングづくりを
担当してくださった職員の方が

皆さんに向かってお話をされていました。


日頃、自分たちがどれほど入居者の皆さんに
支えられていることか、

そして

コロナ禍で帰省もできず、家族と会えない
辛さも、ここに来たら皆さんに会えることで
元気になれること、


その感謝を伝える方法として、

職員全員で言葉を紡ぎ、歌を練習したのだと。


途中、涙ぐんで詰まってしまった様子に、
入居者の方から温かい言葉を掛けられている場面もあり、

そのやり取りに、また私も目頭が熱くなりました。


そして、職員の方は、こんなことも仰っていました。

『今日が、また忘れられない日になったら嬉しいですと。


私も、同じ気持ちでこの曲を作りました。

職員の方と入居者の方が紡いできた日常の積み重ねから
生まれたこの歌。


その歌が贈られた今日という日が、

ここにいる全員にとって、記念日となるように。


そして、今日まで生きてきたから、
こんな幸せなことがあった!

これからも、元気に生きていきたい。


そんな風に、この瞬間を感じて下さった方が
1人でもいたら、嬉しいなと。


この度のご依頼のお陰で、私も沢山の幸せを
いただき、心から感謝です。


この場をお借りして、改めて
リアンレーヴふじみ野の職員の皆様に
感謝申し上げます。


温かい職員さんと家族のように暮らせる
【木下の介護・リアンレーヴふじみ野】さんは、
こちらです☟

https://www.kinoshita-kaigo.co.jp/facility/care_home/lien_reve_fujimino.html


あなたも、感謝の思いを伝えたい方はいませんか?

大切な方に、特別なひとときを贈りたい思いは
ありませんか?

ギフトソングという選択肢が、
日常をドラマのような日にする、

そんな体験をしてみませんか?


来年も、そんなサービスを皆様に
ご提供できるように頑張ります☆


今年も一年、ありがとうございました(*^^*)
では、よいお年をお迎えください。

人気ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援よろしくお願いします。

複数人で作る【寄せ書きソング】についてはこちら☟
これから迎える卒業シーズンにもおすすめです!

【寄せ書きソング】の料金や完成までの流れについてはこちら☟

ご注文はこちらからお願い致します☟





コメント

タイトルとURLをコピーしました